浜松町駅 徒歩2分、女性スタッフ中心の歯科|浜松町大門デンタルクリニック

HDDC浜松町大門デンタルクリニック
ご予約はお電話にて0354012585

浜松駅 徒歩2分、女性スタッフ中心の歯科|浜松町大門デンタルクリニック

診療時間

浜松町大門デンタルクリニック ホーム > ブログ > スタッフブログ > ☆ワンタフトブラシ☆

ブログ

当院のスタッフが、医院からのお知らせや日々のできごと、感じたことを綴ります。

ブログ

当院のスタッフが、医院からのお知らせや日々のできごと、感じたことを綴ります。

  • ☆ワンタフトブラシ☆

    スタッフブログ

    港区のみなさま、こんにちは!!

    浜松町大門デンタルクリニック・受付の鎌田です(*´ω`*)✨

    最近少し暖かくなってきたな〜

    と思ったら!! 寒い😨!!

    しかも雨☔!!!

    三寒四温、油断なりませんね。。。😖💦

    ダウンいつしまったらいいんでしょうか。。。笑

     

    さて今日は、あると強い味方!!

    「 ワンタフトブラシ 」をご紹介したいと思います。

    みなさん「 ワンタフトブラシ 」ってご存知ですか??

    これが、ワンタフトブラシです👆

    普通の歯ブラシと比べると。。。

    ヘッドの部分がいかに小さいかわかりますね。

    毛先は三角にとがっていて、筆のように毛束が

    ギュッとひとまとまりになっています。

    この特殊な三角毛が、歯ブラシでは届かない、

    磨き残しの多いところに“ピンポイント”で届き、

    歯垢(プラーク)を落としてくれます😄

     

    では、どんなところに使用すればいいのか。。。???

    それは、こんなところです😁

    ❖歯と歯茎の境目の部分にある「歯周ポケット」

    ❖歯並びの悪いところ

    ❖矯正装置を取り付けている部分

    ❖ブリッジをいれたところ

    ❖生えきっていない親知らず

    ❖歯の根の部分が露出してしまっているところ

    ❖上、または下の前歯の裏側

    どれも歯ブラシだけでは磨きにくいところばかりですが、

    上の図👆をみていただければわかるように、

    ワンタフトブラシだと、きちんと届いて磨けます。

    実際に、歯並びの悪い模型で試してみても。。。

    歯ブラシではなかなか届かない黄色い線のところも

    ワンタフトブラシはしっかり届きます✨

     

    こちらのワンタフトブラシ、

    親知らずやインプラント部分など

    歯茎にも毛先をあてるような場合の、

    デリケートな部分を磨くとき専用の

    柔らかい毛質のものもありますので、

    ご自分の親知らずや奥歯がどう生えているか、

    どれが合っているのかを相談されると

    いいかもしれません(^o^)丿☆

     

    ちなみに、

    むし歯になったことがある人が

    ほとんどいない国として有名な

    予防先進国であるスウェーデンでは

    歯磨きの時、この「 ワンタフトブラシ 」を

    なんと!!メインで使っているそうです😳!!

    3代リスク部位といわれる、

    ①歯と歯茎の境目 ②歯と歯の間 ③歯と歯の溝

    ここから先に磨いていき、そのあと

    歯ブラシで磨くそうです。

    結果もこの通り。。。

    ワンタフトブラシが、

    小さいながらも、優秀な機能をもっていることが

    わかりますよね😃

    まさに、あると強い味方!!です😊✨

    日本では、歯ブラシの補助的なアイテム

    として紹介されてはいますが、

    もしかしたら、ワンタフトブラシが

    予防先進国・スウェーデンのように

    メインで使われだす日がくるかもしれませんね✨

     

    「ワンタフトブラシ」試してみたい!

    使ってみたいけどよくわからない…などなど

    ご質問・お問い合わせございましたら

    いつでも当院にご連絡ください!!

    お待ちしております(*´∀`)💕

     

    浜松町大門デンタルクリニック

    03−5401−2585  こちらまで😊✨

     

カテゴリー