浜松町駅 徒歩2分、女性スタッフ中心の歯科|浜松町大門デンタルクリニック

HDDC浜松町大門デンタルクリニック
ご予約はお電話にて0354012585

浜松駅 徒歩2分、女性スタッフ中心の歯科|浜松町大門デンタルクリニック

診療時間

新田歯科デンタルクリニック ホーム > 診療科目 > 歯科一般

診療科目

当クリニックでは、「一般歯科診療」の他に「予防歯科」「唾液検査」「ホワイトニング」「インプラント」「メタルフリー治療」を行なっています。患者さんの状態やご希望に合わせ、より良い治療のご提案をさせて頂きます。

診療科目

当クリニックでは、「一般歯科診療」の他に「予防歯科」「唾液検査」「ホワイトニング」「インプラント」「メタルフリー治療」を行なっています。患者さんの状態やご希望に合わせ、より良い治療のご提案をさせて頂きます。

歯科一般 概要

歯科一般

一般歯科では、う蝕処置(虫歯治療)、歯周病治療、補綴処置(被せ物、入れ歯)を行います。う蝕処置や補綴処置に使用する歯科材料にはいろいろな種類がありますので、症例や患者さんのご希望によって選択致します。親知らずや歯科矯正のご相談、他院での治療に関してのご相談等歯科治療にお困りの方はお気軽にご連絡ください。

歯周病治療

歯周病とは、歯周病菌が磨き残しを餌に繁殖し、その菌が出す毒素によって歯肉が腫れたり、歯を支えている顎の骨を溶かしたりしながら進行していく感染症の一つです。一度溶けた顎の骨は元に戻すことはできません。
歯周病は、進行を食い止める為の治療と、治療後は現状を維持する為のメンテナンスを行っていきます。

歯周病治療の流れ ①歯周精密検査・パノラマレントゲン検査
②ブラッシング指導。スケーリング(歯肉の上に着いている歯石の除去)。
③歯周精密検査(②を行うことで、歯肉の状態が改善してきます。検査を行い歯周病の状態を再評価し次の治療計画を立てます。)
④スケーリング・ルートプレーニング(歯肉の下に隠れた歯石を除去します。)
⑤歯周精密検査(④の治療の結果を再評価し、次の治療計画を立てます。)
⑥フラップオペレーション(④で取りきれなかった歯石を除去します。)
⑦歯周精密検査(⑥の治療の結果を再評価します。)

メンテナンス 歯周病の再発を防ぐ為に、歯周病治療が終わった後、リスクに応じてメンテナンス期間を設定します。
メンテナンス時は、問診・口腔内診査・歯周精密検査・唾液検査・パノラマレントゲン検査(一年に一度)を行います。
必要に応じて、生活指導やブラッシング指導、スケーリングやクリーニングなどを行います。

コンポジットレジン(プラスチック)

コンポジットレジンとは、白い歯科用プラスチック材料のことで、小さい虫歯を除去した後や歯が小さく欠けてしまった部分の修復に使われます。以前に治療した金属部分をコンポジットレジンに置き換えることで、金属アレルギーの予防や審美的な回復が期待できます。

メリット
1.色調が天然歯に近い
2.治療回数が1回
3.金属アレルギーの予防
4.欠けたり割れたりした時の修理が容易
デメリット
1.プラスチック素材のため経年変化によって変色する
2.欠ける事や、割れる事もある

インレー(部分被覆冠)

主に奥歯の治療の時に行われます。コンポジットレジンでの修復が困難な部位の修復に用いられる治療法です。使用する材料によって色調、強度が変わります。

クラウン(全部被覆冠)

大きな虫歯で歯を大きく削った場合に用いる治療法です。歯の全周を包むような被せ物になります。使用する材料によって色調、強度が変わります。

ブリッジ

歯が1本〜数本ない場所に対し行う治療法です。
無くなった歯の両隣の歯を支えにして、その支えに人工のダミーの歯を付けた物です。支えとダミーはひと繋がりになっています。

入れ歯と比べてのメリット
1.見た目が自然
2.固定式なので違和感が少ない
3.着脱の煩わしさがない
4.入れ歯に比べしっかり噛める
入れ歯と比べてのデメリット
1.支えとなる歯を削らなければならない
2.支えとなる歯にかかる負担が大きい
3.歯磨きが少し難しく、食べ物が詰まりやすい

義歯(部分入れ歯・総入れ歯)

義歯とは、歯が無い部分に人工の歯と人工の歯肉を使って咀嚼(噛むこと)機能や発音機能、審美性を回復する取り外し式の装置の事です。

ブリッジに比べてのメリット
1.欠損した歯の本数に関わらず適用できる
2.取り外しが可能なため、手入れしやすい
3.ブリッジに比べて歯の切削量が少ない
ブリッジに比べてのデメリット
1.異物感が強い
2.食べ物がつまる、ひっかかる
3.審美性に劣る
4.ブリッジに比べよく噛めない
5.しゃべりにくい
6.義歯を取り外して清掃管理しなければならなく、煩わしい

インプラント

歯がない場所の顎の骨にチタンの金属を埋め込み、金属の根を作ります。その上に人工の歯を被せます。
顎の骨に金属を埋め込み、金属と骨が安定した状態になるまでには期間が必要です。
また、インプラント治療をするにあたり、重度の歯周病や全身疾患(骨粗鬆症や糖尿病など)が無い事、顎の骨の量・質に問題がない事が前提になります。

一般歯科Q&A

親知らずはなぜ抜くのですか?

親知らずがあっても顎の骨の中に完全に埋まっている場合や他の歯と同じ様にまっすぐ生えていれば抜く必要はありません。しかし、親知らずが横に生えていたり歯の頭の一部に歯肉が被っていたりする場合は、清掃が困難になり歯肉が腫れたり、親知らずやその手前の歯が虫歯になることが多いので抜歯をおすすめしています。

入れ歯のお手入れはどうしたら良いですか?

入れ歯を外し、入れ歯磨き専用のブラシと洗浄剤をお使いください。歯磨き粉など研磨剤が入っている物で磨くと、入れ歯が傷つき雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

入れ歯は歯磨き粉を用いて磨いても良いですか?

歯磨き粉には研磨剤が含まれており、使用すると入れ歯が削れてしまうので使用しないでください。入れ歯用洗剤や台所用の洗剤など研磨剤が含まれていないものを使用してください。

ノンクラスプデンチャーとはどの様な物ですか?

入れ歯を支える金属のバネの代わりに素材の弾性を利用し入れ歯を支えます。金属を使用しないので見た目が自然で、金属アレルギーの方にも使っていただけます。デメリットは、調整、修理ができず壊れたり合わなくなった場合は作り直さなければなりません。

歯石を取ってもらったら歯がしみるようになりました。どうしたら良いですか?

歯石を取ることで歯と歯肉の境の清掃が可能になり、歯肉の腫れが治まります。腫れが治まると、歯肉が引き締まり、歯肉の腫れで覆われていた歯の表面が露出してきます。その為外からの刺激に敏感に反応ししみる症状がでます。適切なブラッシングを行うことで症状は改善されますが、長引く症状の場合は一度ご相談ください。